沿革

  昭和45年11月   会社設立 資本金4千万円。
  昭和46年12月   資本金5千5百万円に増資。
  昭和48年 8 月   植物防疫法にもとづく指定港となる。
  昭和50年 7 月   鹿島港が港湾運送事業法の適用港湾に指定される。
  昭和50年12月   南公共埠頭一部供用開始。
  昭和51年 4 月   南公共埠頭1号上屋、荷捌地、野積場、一部供用開始。
  昭和51年 8 月   鹿島埠頭株式会社の港運部門を吸収・合併。
資本金1億5千万円に増資。
  昭和52年 1 月   資本金2億5千万円に増資。(公共資本が54%となる。)
  昭和52年 2 月   港湾運送事業免許取得(無限定1種、2種、4種)
  昭和52年 8 月   南公共埠頭保税上屋許可。
  昭和55年 3 月   自動車運送貨物取扱事業免許取得。
  昭和62年12月   関東グレーン ターミナル株式会社が株主となる。
  平成 元年12月   公共埠頭の貨物取扱量が、初めて年間100万トンを越える。
  平成 2 年 6 月   家畜伝染病予防法にもとづく検疫指定港となる。
  平成 2 年11月   会社創立20周年。
  平成 3 年 5 月   通関業許可取得。
  平成 4 年 2 月   南公共埠頭多目的クレ-ン(LLC)使用開始。
  平成 4 年 3 月   南公共埠頭全面供用開始。
  平成 9 年10月   中国コンテナ定期船航路開設。
  平成 9 年12月   公共埠頭の貨物取扱量が、初めて年間200万トンを超える。
  平成 12 年11月   会社創立30周年。
  平成 14 年11月   北公共埠頭一部供用開始。
  平成 18 年 2月   北公共埠頭ガントリークレーン使用開始。
  平成 22 年11月   会社創立40周年。
  平成 23 年 3月   東日本大震災被災により仮事務所へ移転。
  平成 23 年 5月   国際バルク戦略港湾(穀物の部)に選定。
  平成 24 年 8月   鹿島港南公共埠頭に南公共埠頭事務所供用開始。
  平成 24 年11月   鹿島港北公共埠頭自社用地に本社事務所供用開始。
  平成 25 年 4月   外港公共埠頭一部供用開始。
  平成 28 年 7月   韓国コンテナ定期航路開設。